2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

カテゴリ:旅の思い出 の記事リスト(エントリー順)

kage

| |

バルーン

kage

2009/11/02 (Mon)

   ca928c1c.jpg

   アメリカ,イリノイ州に住む 姪っ子から 借りてきた公園の写真

   この鮮やかなオレンジ色 クリックして大きくして見て! 見事です。


キラキラー3

   SAGA INTERNATIONAL BALLOON FIETSTA

キラキラー3

   今年も 3日が最終日だったでしょうか。 

   佐賀市を流れる 嘉瀬川の河川敷で開かれる 熱気球大会。

   今年で 30回を迎えるそうです。 何度か 見に行きました。 

   03”頃 初めて行った時の衝撃は 忘れません。

   時間になっても 何も起こらないと思っていたら 空のあちこちから

   黒い点が現れ だんだんと 河川敷に向って 飛んでくるんです。

   黒いと思っていたのが 赤、青、黄色 色とりどりの気球が・・・

   ふわりふわりと 佐賀平野の空を・・・ ファンタスティックでした。


  バルーン

  バルーンー5

  バルーンー4


   但し 熱気球はふわり 車はソロリで 駐車場迄は 要我慢!

   河川敷は 駐車場、イベント広場、競技広場、3~4キロの距離・・・

   競技に参加しない こんな気球も 飛んでいましたよ。


  バルーンー6

  バルーンー3


           日暮れが近づき バルーンも 幻想的に・・・

          バルーンー2

          バルーンー1

 バルーンの写真は アルバムを転写したので呆け呆けです。御免なさい。



にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
 にほんブログ村
 励ましのクリックを

スポンサーサイト

案山子

kage

2009/10/03 (Sat)

棚田


彼岸も終わり 棚田の彼岸花も終わったでしょうね。

これは 04年 三瀬峠を越え 佐賀に向かう途中の村で撮ったもの。

9月20日の日付が見えます。この頃 今は佐賀市になった

三瀬村、富士町、 唐津市七山を走り回っていました。

三瀬の 「やまびこの湯」 七山の「ななのゆ」は何度も行った。

「観音の滝」「梶原湿原」など見る所も多く 里山情緒いっぱいです。

もう行く事もないだろうが 紅葉の季節 懐かしい場所です。


案山子たち

案山子失礼


案山子見て


         案山子婆

陶磁器の町 波佐見町 街中を通り過ぎ 山手に行くと 鬼木地区

棚田の美しい山郷 案山子まつりが開催され 

ユーモアいっぱいの案山子たちがお出迎え!

ちょっとリアルで 遠目には 判らない、思わず笑ってしまう。

04年10月3日 丁度5年前の事!ちょっと遠出だったが 日帰りでした。

夫さんが 退職し盛んに走り回っていました。 思い出の一つ。

「波佐見町」



にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
 にほんブログ村
 励ましのクリックを

筑後川の鮎

kage

2009/09/30 (Wed)

    snap_yellowrose75_200992203611.jpg

     想像で 描いてみました。  鮎のつもりです。


『鮎の思い出』


 10年以上も前の事でしょうか、お食事の店で仕事をしていた時の事

 初老の常連さんがいらっしゃいました。Sさんと呼びましょう。

 私達女子従業員は ○○姉さんと呼び合っていましたが 

 ある日 Sさんは 気の合った姉さんに 声をかけました。

 『筑後川に行こう、何人か一緒に・・・』 と・・・で私にも誘いがあり

 休日が取れた(多分三人だったと思う)姉さん達と出掛けた。

 
 筑後川沿いに開けた温泉街。

 Sさんお馴染みの 美人女将さんがいる温泉旅館へ

 温泉に入ったか定かではないが ちょっとした VIP気分!

 
 夕食の時間になり 案内されたのは 『屋形船』

 どんなお料理だったのか 覚えていないが 忘れられないのが

 「こいこく」(鯉の味噌汁)と 『鮎の塩焼き』

 
 この時 鮎の骨抜きを 初めて習った。

 鮎の背と腹を掴み 姿のまま身をほぐすように押さえ、

 尾の付け根の骨を身の中で切る。

 頭を持って 骨を引き抜く。姿はそのままで骨が抜ける。

 上手に出来て 以来 得意技になりました。

 
 ふっくりと脂ののった 大振りの鮎は美味しかった。

 Sさんはどういうつもりで お誘いくださったのか不明だが

 男性として 下心がおありだったのでしょうか??

 少なくとも 私には感じられませんでしたが・・・・!

 きっと 頑張って働く女性に エールを下さったんだと思う。


 その後も 何度か 『鮎の塩焼き』 頂いたけれど

 この時の鮎の味は 格別でした。

 暫くして Sさんの訃報を聞きました。


  * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 


忘れていた出来事、ニュースで 焙り鮎とか鮎の産卵とか見ていて

思い出しました。 Sさん 美味しい想い出を有難う!



にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
 にほんブログ村
 励ましのクリックを